埼玉県北部の大型機械加工・大型製缶・溶接加工の会社
八栄ロゴ八栄工業



会社案内

経営理念

事業活動を通じ、社会文化の発展に貢献し、顧客のニーズに責任と信頼で応えるために常に可能性への追求を経営の根幹として次の事項を掲げる。

経営理念

会社概要

社 名
八栄工業株式会社

役 員
取締役社長  木村登美子
取締役専務  木村和之

本 社
〒144-0044 東京都大田区本羽田1丁目30番15号

敷地面積
375㎡

建 物
鉄骨2階建 330㎡

埼玉工場
〒369-0306 埼玉県児玉郡上里町七本木3536
TEL:0495-33-3851  FAX:0495-33-1968

工場敷地
7,830㎡

事務所建物
70㎡

工場建物延面積
4,122㎡

URL
http://www.yaei-id.com

E-MAIL
info@yaei-id.com

営業品目
1.各種大型機械製缶加工
2.大型機械加工
3.船用及びヂーゼルエンジン部品及び台床・削岩機フレーム

創立
昭和31年04月

資本金
10,000,000円

従業員
27名(2016年03月31日現在)

協力工場
製缶・板金工場 6社 / 機械加工工場 4社

取引先銀行
みずほ銀行 羽田支店 / 埼玉りそな銀行 本庄支店 / 群馬銀行 上里支店

会社案内・写真1

沿革

昭和31年04月
東京都大田区新宿町に於いて、創立者木村修三によって八栄工業所として発足。

昭和35年04月
八栄工業株式会社に改組、資本金2,000,000円とする。
栗田工業株式会社の協力工場となる。

昭和35年09月
製品の大型化に伴い、東京都大田区本羽田1丁目30番15号に、羽田工場を建設。

昭和38年08月
(株)新潟鉄工所蒲田建設機械工場が高崎に移転、高崎工場として発足したのに伴い、埼玉県児玉郡上里町七本木三田3536に埼玉工場を建設。
(株)新潟鉄工所の協力工場となる。

昭和40年04月
資本金5,000,000円に増資。

昭和49年08月
運輸省より下請振興法の適用を受け、船用機器及びZペラ推進装置の一貫生産を行なうために、埼玉工場内に製缶工場及び機械工場を建設。

昭和54年04月
古河工業株式会社の協力工場となる。

昭和56年09月
埼玉工場に製缶工場及び機械工場を増設。

昭和57年12月
東芝機械製BP-13A横中ぐりフライス盤を増設。

昭和59年11月
オーエム製TMS20/40立旋盤を増設。

昭和60年02月
複合プレーナー7216を増設。

昭和63年09月
埼玉工場に機械第2工場を増築、天井クレーン15ton 1基増設。

昭和63年10月
東芝機械製BF-130A横中ぐりフライス盤を増設。

平成元年05月
代表取締役社長 木村修三  会長に就任。
木村  豊  取締役社長に就任。

平成03年06月
資本金10,000,000円に増資。

平成03年10月
愛知時計製ラジアルボール盤2500を増設。

平成06年02月
埼玉工場に機械第3工場を増築。
天井クレーン30ton 1基増設。

平成06年03月
東芝機械製MPC-3680B門型マシニング五面加工機を増設。

平成12年03月
東芝機械製MPC-2650E門型マシニング五面加工機を増設。

平成16年04月
木村  豊死亡につき、妻 木村登美子社長に就任。

平成16年11月
東芝機械製MPC-3680B門型マシニング五面加工機を増設。

平成22年08月
東芝機械製TSS40/67C(S)立旋盤を増設。

平成26年12月
東芝機械製MPC-3680B門型マシニング五面加工機を増設。

アクセスマップ